社交不安障害とはどんな病気?

人前で何かをすると緊張してしまいひどく苦痛であるか、それから逃げてしまう、避けてしまう状態で強い不安や恐怖を感じる病気を社交不安障害(SAD・社会不安障害)といいます。性格の問題と混同される場合もありますが、社交不安障害ではそれらの行動に強い苦痛を感じ、会話や発表、行動にも支障をきたすほどになり、そうした場面を避けて日常生活を送ろうとし日常生活に障害が出てしまう病気です。

社交不安障害の主な症状

社交不安障害では主に下記のような状況で症状があらわれます。

状況

  • 人と食事をするとき
  • 人前で話をするとき
  • 人前で文字を書くとき
  • 人前で発表するとき
  • 試験を受けるとき
  • 面接、面談を受けるとき
  • 初対面の人と話をするとき

症状

  • 顔が赤くなる、青くなる、引きつる
  • 頭が真っ白になる
  • 声が震える
  • 手足が震える
  • めまいがする
  • 吐き気、動悸、息苦しさ
  • トイレが近くなる、または尿が出なくなる
  • 大量の汗が出る
  • 胃腸の不快感

※当てはまるものがあれば社交不安障害の可能性があります。他科で診察を受けたが、原因が分からない場合など気になることがある方は一度ご来院ください。

当院での治療方法

症状に応じて内服薬を調整していきます。必要に応じて、カウンセリングなど他療法を用いる場合もあります。
また当院では、漢方も処方しておりますので症状に応じて漢方をお出しすることもあります。

当院への通院のお願いと注意点

  • 当院では患者様一人ひとりに合わせた通院計画をご提案しておりますので、病気を治すためにもしっかり医師から伝えられた期限を守って通院してください。もちろん、症状が悪化したなどの際は早めに来院してください。

  • お薬は症状に対する不安がしっかりと無くなるまで続ける事が大切です。社交不安障害の症状は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら改善に向かいます。飲んでいただく薬の量は患者様の状態を見極めた上で調整していますので、飲む量・回数はお守りください。