ブログ

春のココロとカラダの体調不良~木の芽どき~

みなさん、こん**は。

 

 

院長の伊藤です。

 

 

ココカラハートクリニックのブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

寒い冬も終わり、桜も満開になり、皆さんも新年度を迎えることになっていることと思います。

 

 

この3月から4月にかけてのこの時期を「木の芽どき(このめどき)」と呼ばれているのをご存知でしょうか?

 

 

木の芽(きのめ)や虫たちが、冬を終え、動き出す季節。

 

 

 

実はこの時期は、昔から「身体的・精神的に一番バランスを崩しやすい」と言われているのです。

 

 

 

我々にとっては、昼間は暖かかったり、夜は寒かったり、寒暖差が激しいため、カラダがついていかず、体調が整いません。

 

 

もともと動物は冬眠をするものであるのに、人間は冬の間も体を休めることなく不規則な生活をしてしまうため、春の覚醒期にうまく対応できず、情緒不安定につながってしまうという説もあります。

 

 

今回は「木の芽どきのココロとカラダのストレス」についてお話ししたいと思います。

 

***********************************************

 

3月~4月のカラダの不調の原因の理由のひとつは、寒暖差。

 

 

ずっと低かった気温が急激に温かくなったり、また寒くなったり、また春の嵐のように雨がふったり……春の安定しない気候、気温差が、カラダにとってはストレスとなってしまいます。

 

 

それが自律神経のバランスを崩し、ココロの不安定につながってしまいます。

 

 

さらにこの4月の時期は、入学、就職、昇進、引越し、など新年度ならではの、環境の変化もココロの不調につながります。

 

 

やる気が出ない、疲れがとれない、体がだるい

 

 

昔の人は、こうした春の不安定な状況を「木の芽時」と名付け、いつもより養生しながら過ごしたのだそうです。

 

 

***********************************************

 

 

主な症状としましては

 

・倦怠感

 

・頭痛

 

・肩こり

 

・腰痛

 

・食欲が出ない

 

・不眠

 

・気分が落ち込む

 

 

などの症状が出てきます。

 

症状があるのに医療機関で検査をしても異常が見つからないこともあります。

 

「問題ありません。」

 

「異常がないので心配ないですよ。」

 

など、病院・クリニックで取り合ってもらえないこともあるかもしれません。

 

症状があるのにつらいですよね。

 

さらにイライラや落ち込みなどの、精神的な症状が出現してくることもあります。

 

放置しておくと、うつ症状などに悪化してくることもまれではありません。

 

 

こんな時はまずは下記の項目を注意し日常生活を見直してください。

 

【対策】

・生活

適度な運動をしましょう

 

6-7時間くらいの睡眠をしっかりとりましょう。

 

できる限り規則正しい生活を送りましょう。

 

 

・食事

カラダを冷やすものを食べすぎないにしましょう。

 

暴飲・暴食しないようにしましょう。

 

 

・服装

体温調節できる服装で脱ぎ着できる上着などを持参し、こまめに対応して下さい。

 

下半身を冷やさないようにしましょう。

 

 

・入浴

ぬるめの湯(38-40度)でゆっくり入浴するようにしましょう。

 

 

またこれらの対策をしても、「木の芽どきの不調」でお困りの方は、一度ココカラハートクリニックでご相談下さい。

 

ココカラハートクリニックでは、カラダの不調も、ココロの不調も、内科専門医、精神科専門医、それぞれご相談頂けます。

 

***********************************************

予約専用ダイヤル 052-959-3553までご予約下さい。

 

当院には内科専門医、精神科専門医が在籍しております。

 

当院の内科・心療内科・漢方内科で対応させて頂きます。

 

秋バテで、頭痛、倦怠感、うつ症状、食欲低下でお困りのかたは、

 

ココカラハートクリニック予約電話052-959-3553までお電話ください。

 

#木の芽どき、#新年度の不調、#頭痛、#倦怠感、#うつ症状、#食欲低下、#自律神経失調症
#内科、#心療内科、#精神科、#漢方、#ココカラハートクリニック、#ココカラウィメンズクリニック、#ココカラクリニック、#名古屋、#栄、#久屋大通