ブログ

何もする気がしない グズグズしている自分が嫌

 

初めまして。臨床心理士・公認心理師の山内です。

 

クリニックでは心理カウンセリングや心理検査を担当しています。

 

 

「またスマホを見てるだけで夜中になってしまった」

 

「洗濯も掃除もやらなきゃいけないと思っていたのに、ぼーっとして動けなかった」

 

 

誰にでもありそうなことだけれど、

 

積み重なってくると人からも注意されたり、

 

自己嫌悪になったり、

 

自分自身をさらなる不調に追い込むことにもなりかねません。

 

 

こんな時に認知行動療法を基にした

 

「行動活性化」

 

という方法がオススメです。

 

 

「行動活性化」には3つのポイントがあります。

 

①自分の行動を観察して、何をいつ変えるとよいかを考える

 

②楽しい活動、やりがいのある活動を増やす

 

③自分自身のよい循環を生む行動パターンに気づく

 

 

どの行動が良いとか悪いとか、一概に決めることはできません。

 

例えば、

スマホを見ること自体が悪い行動とは言えません。

 

スマホを見ていることで、

 

良い気分転換になったり、やりがいを感じられたりしているかどうか。

 

あるいは、そのせいで何もできなかったと落ち込むことになっているかどうか。

 

自分の行動や気分を振り返ってみてみるとよいでしょう。

 

 

「〇〇禁止!」という方法は、「行動活性化」ではオススメしていません。

 

「楽しめること」、

 

「やりがいを持てること」

 

を増やすように、取り組んでみましょう♪

 

 

お一人で振り返るのがむずかしいこともあると思います。

 

心理カウンセリングでは、

 

一緒に今までの生活を振り返り、

 

よい循環を生み出すような行動を見つけていくお手伝いもしています。

 

ご興味を持った方は、ココカラハートクリニックにご連絡ください。

 

*********************************

「カウンセリング」ご希望の方は一度ココカラハートクリニックまでご相談ください。

 

※心理カウンセリング、自費診療でご案内になります。

※現在は「心理カウンセリング」のみのご希望の方も、一度医師の診察(保険診療内)をうけて頂いたうえでのご案内になりますので、ご了承ください。

ココカラハートクリニック予約電話052-959-3553までお電話ください。