自律神経失調症とはどんな病気?

自律神経は“交感神経”と“副交感神経”という2つの神経があり、車で例えるとアクセルとブレーキのような役割をしています。その2つの神経がバランスを取ることによって、体の機能を安定させる役割があります。。 しかし、ストレスなどの刺激が長時間続くと”交感神経”と”副交感神経”の2つの神経のバランスが崩れ、身体に不調がでるのが自律神経失調症です。

自律神経失調症の主な症状

自律神経失調症の症状は、体の一部が痛くなったり具合が悪くなったり、と人により様々な症状が出ますが、主に動悸・腹痛・下痢・発汗・めまいなどがよく見られます。 また、カラダの異常はココロの異常と連動していることが多く、ストレスがかかったときにこれらの症状がよく起こります。自律神経失調症は、うつ病やパニック障害などの他の病気と合併している場合も多くあります。。

当院での治療方法

症状に応じて漢方薬を中心とした内服治療を行っていきます。 また自律神経失調症のもととなる疾患(うつ病やパニック障害など)がある場合は、病状に応じた投薬治療や必要に応じてカウンセリングなども行っていきます。